だずやねんのロゴ画像

ムラケンタ


ムラケンタのプロフィール 1993.05.13生まれ / 25歳 / O型
高畠生まれ高畠育ち
男4人兄弟の次男
極度のナルシスト
世界屈指のポジティブマン
チャームポイント:エラ
2016年山形歌唱王ファイナリスト


フセユウキ


フセユウキのプロフィール 1995.01.19生まれ / 24歳 / B型
大阪高石市生まれ
高校からは沖縄へ、 卒業後は名古屋で料理人を経験
その後農業をするために山形へ
6人兄妹の長男
極度のナルシスト
NO MUSIC 農LIFE
チャームポイント:眉毛
休みの日は農家の手伝い
趣味:農業


結成までのストーリー


「~だず(置賜弁)」+「~やねん(大阪弁)」=「だずやねん」

だずやねんのライブ画像 農業をするために高畠町に移住してきたフセユウキ。2018年5月、共通の友人の集まりで知り合うことに。
ムラケンタは以前から作詞作曲などソロで音楽活動を行い、動画を撮影してはネット上にアップしていた。 初対面の人には自身が作った歌の動画を見せるのが恒例で、この日も「ケンタがまた動画見せてるよ」と友人たちは慣れた様子だった。 「面白い!」というリアクションを周囲が期待する中、フセはムラの歌声に心を打たれ感動していた。 「彼の才能を高畠で埋もれさせてはいけない。俺がプロデュースしよう!」と思い立ち 後日ムラの連絡先を友人から聞き「話したいことがあるから家に来て欲しい」と突然連絡。 「(何を話されるんだ?)」とドキドキしながらも承諾、フセの自宅を訪問するムラ。 警戒するムラを尻目に、山形に来る以前は料理の世界にいたフセ「美味しいパスタ作るからもう少し待ってて」とマイペースな対応。 この間フセは考えを巡らし、「自分も歌を歌いたい」と決断。 文化祭のステージで歌うなど、昔からフセも歌うことが好きだった。 「(今やるしかない!思い立ったが吉日。)」とムラを口説き落とすことを決意。 フセ「突然高畠にやって来た関西人と、もともと高畠にいて音楽活動をしていた若者がユニットを組み、町を盛り上げたら面白いんじゃないか!?」 ムラ「俺もそういうことがしたいと思っていた、やろう!!」 「田舎は若者の元気がない。だずやねんを中心に、若者も年配の人も、みんなを盛り上げよう」と一致団結。 この時、絶対に断られたくなかったフセは「俺めっちゃ歌上手いしギターも弾けるから(嘘)」と口説き、その言葉に安心したムラが誘いにのり、出会って数日で「だずやねん」を結成した。

高畠のを中心に、みんなの"気になる存在"になりたい


歌に限らずに、高畠の人たちの楽しみの中心にいたい。 高畠の人たちに楽しみを作りたい。 そんな思いで活動をしている。 上京してデビューすることを目指さず、高畠を中心に活動していく。 「田舎でこういうアクションを起こして面白いのは、若い人で、音楽活動をしていて、自分たちでイベントを開いたり、町のために何かやろうと精力的に活動したり、という人がいないところ。この街にはその席が空いている。自分たちが第一人者になることで活躍の場もたくさんあるだろうと考えた。だずやねんが先陣を切って結果を出して、"あいつらが出来るなら自分でもできる"と思って後に続く若者が増えてほしい」 「誰かを楽しませたりこの町を好きになってもらうにはまず住んでいる自分たちが楽しんでいないと意味がない」 「活動を高畠のみに限定するのではなく『だずやねんが今度は南陽でイベントするらしいよ』とか『東京でライブしたらしいよ』とか、高畠の中で話題に上るような、みんなの"気になる存在"になりたい。高畠の名を背負って暴れることで、たくさんの人が高畠に足を運ぶきっかけになったら嬉しい」



ラインアット Facebookページ インスタグラム ツイッター だずやねんのブログ